企業情報

社名
株式会社エヌウィック
代表者
齋藤 徳雄
本社所在地
〒980-0811
宮城県仙台市青葉区一番町2-2-8 IKIビル901
TEL. 022-221-6588
FAX. 022-393-4896
資本金
6億6千7百万円
設立
1998年
従業員数
10名(2019年10月現在)
役員
代表取締役 齋藤 徳雄
取締役 田崎 京二
取締役 阿子島 文幸
取締役 清水 康之
取締役 加藤 恵美
取締役 齋藤 恵子
監査役 佐々木 孝一
 

沿革

1998年11月
㈱エヌウィック設立。単独での「自動排泄処理装置」開発開始
2001年
宮城県「平成13年度・14年度 医療・福祉機器等研究成果育成事業」の採択を受け宮城県補助事業
2003年
東京都北区/板橋区/東京都 KICCプロジェクト(地域資源活用型産業活性化プロジェクト)に参画。
2005年
『マインレット夢』量産試作完成、臨床試験開始(在宅、施設)
2006年12月
自動排泄処理装置『マインレット夢』の販売開始
2009年
自動排泄処理装置『マインレット夢』が介護保険上「特定福祉用具(販売)」 として認定
デンマーク視察団受入後、ジェトロの支援対象企業としてデンマークとの取引協議、基本契約締結。海外仕様の開発着手。
生体・安否確認型の離床センサーの開発終了。 臨床試験後『離床センサー 瞬』シリーズとして施設向け、在宅レンタル向けに提供開始
2010年
東京都認定「平成22年度東京都トライアル発注制度対象商品」に『マインレット夢』が採択
JAXAより「宇宙飛行士・重度要介護者のためのトイレ研究会」を「きぼう利用フォーラム」の研究会として登録
2011年
介護保険適用に向け『マインレット爽』(貸与、販売部位の完全分離型)の開発、製造  
大和ハウス工業株式会社と業務提携
2012年
自動排泄処理装置が介護保険貸与品目への追加
2013年
『マインレット爽』の改良及び次世代機の開発着手(大和ハウス共同)
『看取り支援器』(商標登録製品)を本格販売開始。
2014年
経済産業省補助事業に「新・移動型ポータブルトイレ」開発が採択され開発に着手
2020年
『新・マインレット爽』販売開始予定