会社名ロゴ
介護ロボット開発メーカー 株式会社NWIC
サイトマップ 個人情報保護方針
Home ご利用案内 製品情報 サービス案内 会社案内 What's new お問い合せ


昭和62年
前身機の自動排泄処理機の開発を他社(N社子会社)にて開始
平成 8年
前身機の自動排泄処理機の開発にエヌウィックが本格参入
平成11年
前身機の自動排泄処理機(フィットレット)が完成、一部販売開始
 *トラブル続出のためすぐに回収(一部回収漏れ)
13年 9月
エヌウィック単独での開発開始(N社技術者を中心に)
宮城県「平成13年度・14年度 医療・福祉機器等研究成果育成事業」の採択を受け、宮城県補助事業として認定
 *協力機関:岩手大学工学部福祉システム工学科大川井研究室知能型福祉介護機器開発協議会(東北大学、経済産業局により発足)
13年10月
山形県鶴岡市のY様宅で臨床モニターを開始
15年 3月
宮城県補助事業での試作機が完成(発売には至らず)
13年10月
山形県鶴岡市のY様宅で臨床モニターを開始
15年 3月
宮城県補助事業での試作機が完成(発売には至らず)
15年 6月
北区/板橋区/東京都KICCプロジェクト(地域資源活用型産業活性化プロジェクト)」に参画
17年 8月
安否確認機能付自動排泄処理機『マインレット』の試作機が完成
18年 1月
KICCプロジェクトの支援を受けて、最終モニター(臨床)を開始
18年10月
『マインレット夢』のホームページ開設 販売店の募集開始
18年12月
『マインレット夢』の正式販売開始(12/10 販売店への納入開始)
19年 4月
『マインレット夢』の在宅介護者、病院、介護施設等への販売開始
20年 8月
テクノエイド協会指定の大型介護施設臨床→厚労省に提出
20年 9年
大規模病院で計7名に臨床
20年 9月
「ホース」「タンク」等の水洗浄後の細菌培養試験実施→厚労省提出 
20年10月
厚労省の「介護保険福祉用具・住宅改修評価検討会」にて『マインレット夢』を対象に介護保健給付に関する検討会を実施
(10/8・10/21)
 →‘自動排泄処理装置’が介護保険の給付対象として認定の方向へ
21年 4月
厚生労働大臣告示により、「自動排泄処理装置」が介護保険上「特定福祉用具(販売)」として認定。
 21年 5月
テクノエイド協会内委員会を経て、介護保険で購入できる「自動排泄処理装置」として認定
   21年~
2回の視察団受入後、ジェトロの支援対象企業としてデンマークとの取引協議、契約。現地での臨床評価、トレーニングの準備。デンマーク仕様機の開発着手。 
   22年 2月~
JAXA宇宙航空研究開発機構の「きぼう利用フォーラム」内「宇宙飛行士・重度要介護者のためのトイレ研究会」が登録される。 
  23年 7月~
次世代型自動排泄処理装置の開発に着手。機械本体及びカップ、専用カバーの新開発。 
  23年11月
財団法人テクノエイド協会に、新機種「マインレット爽」のTAISコード登録。
  24年 4月
厚生労働大臣告示により「自動排泄処理装置」が介護保険上「貸与品目」に追加
 
  24年 9月
大和ハウス工業株式会社との提携 国内外の独占販売契約
 
  25年 1月
大和ハウス工業から 国内 介護保険レンタル向けの販売開始
  25年 8月
マインレット爽 マイナーチェンジ対応
このページの先頭へ

Copyright(C) 2013 NWIC All Rights Reserved.
ホーム / ご利用案内 / 製品情報 / サービス案内 / 会社案内 / What's new / お問い合せ
サイトマップ / 個人情報保護方針